ベビー

安い値段のベビーベッドでも安全性は保証されている

  1. ホーム
  2. 機能性や安全性が重要

機能性や安全性が重要

ベビーシューズ

あかちゃんが「たっち」を始めたら歩き出す日もすぐそこです。好奇心いっぱいのあかちゃんは歩くことができるようになると、おかあさんの手から離れて自分で動きたがるようになります。あかちゃんが歩くことを覚えるのは生後12ヶ月から18ヶ月が目安です。その時に備えてベビーシューズは早めに用意しておくようにしましょう。ベビーシューズを購入する際は素材に着目しましょう。専門店に出かけると革やビニールで作られたかわいらしいベビーシューズがたくさん並んでいますが、シューズデビューでは履き心地が良く通気性にも優れたパイル素材のものを選ぶ方が良いでしょう。歩くことを覚えたばかりのあかちゃんはまだ重心が不安定です。そのためベビーシューズを選ぶ際は、クッション性よりも地面の感触を肌で感じやすい柔軟性のある靴底を選ぶことをおすすめします。靴底がよくしなる柔軟性のあるベビーシューズなら靴の中で指がしっかりと動かせるので、バランスを保ちながら安全に歩き回ることができます。またベビーシューズを選ぶ際は履かせやすさも大切です。甲の部分がストラップになっているものや履き口が広いものを選ぶとよいでしょう。そして忘れてはいけない重要なポイントが視認性の高さです。あかちゃんはほんの少し目を離したすきに車道に飛び出したりすることがあります。そのような場合でもすぐにドライバーに見つけてもらえるように、反射材がつけられたベビーシューズを選ぶことも大切です。専門店でベビーシューズを購入する際は、以上のようなポイントを参考にして購入することをおすすめします。